◆表装お仕立て◆

-掛軸・額装・屏風・襖・巻子-

表装(表具)の歴史は古く、数百年以上前の表具が今日まで存在します

恐らく当時は、鑑賞としての役割だったものが、表具の構造の完成度と奥深さから

保存機能の高さが評価され現代の表装は、保存有りきの鑑賞物へと成り立ってきたのでしょう

 

私は、保存技術にとても魅力を感じます

 

見えない部分に確かな保存技術が落とし込まれた

表具(掛軸・額装・屏風・襖・巻子)は、当然の如く見栄えも優美です

 

是非、表装の魅力に触れてみてください

◇ 軸 装 ◇

軸装(掛軸・掛け軸)
軸装(掛軸・掛け軸)

巻き解きを繰り返す掛軸は、薄くて丈夫であることが大切です。

その機能を持たせるために100を超える工程と50種類以上の道具を使います。良い掛軸を仕立て上げるまでには、とても長い時間が必要なのです。

松月堂では、より品質を高めるために創業100年を誇る独自の技術で工夫を凝らしています。

また、細部の装飾すべてに妥協のない仕事を施しています。

◇ 額 装 ◇

額装(和額・扁額)
額装(和額・扁額)

お部屋に常用される額は、作品保護を重視してアクリルガラスを入れています。

通常、額の下地は材料も安価で加工し易いこともあり、べニア材や集成材を用いています。

しかしながら、べニア下地は非常に重く、下地が大きく反る可能性もございます

また、べニア材は灰汁などの悪影響で作品を傷める危険性がございます。

松月堂では、作品保存を重視した最高品質の組子下地を採用しています。

組子下地は、とても軽く安全で下地が反る心配もございません。

もちろん、作品への悪影響もなく長期に亘り安定した下地です。

◇ 屏 風 ◇

屏風(金屏風)
屏風(金屏風)

折りたたむことができる屏風は、蝶番(ちょうつがい)の精度と屏風下地の中身が命です。

この二点が欠落した屏風は、似て非なるものでしかありません。

また、より良い屏風は、あらゆる部分の 隅(角)がとても美しいのです。

松月堂では、作品保存を重視した最高品質の組子下地を採用しています。

組子下地は、とても軽く安全で下地が反る心配もございません。

もちろん、作品への悪影響もなく長期に亘り安定した下地です。

◇ ふすま ◇

ふすま 襖 太鼓襖 坊主襖 透かし襖 障子
襖(ふすま・太鼓襖・障子)

◇ 巻 子 ◇

巻子(巻物)
巻子(巻物)

◇ 仏壇軸 ◇

仏壇軸(法名軸)
仏壇軸(法名軸)

◇ 表 創 ◇

表創(HYO-SOU)
表創(HYO-SOU)